お椀

三寸九分 汁椀

1950年代、川連漆器業界が、東京進出を目指して統一デザインした、川連の汁椀の定番です。川連では、通称、東京汁椀とも呼ばれています。お椀でこれ以上のコストパフォーマンスの有る商品は、無いでしょう。オーソドックスで実用的な汁椀です。
2012年、21_21 DESIGN SIGHT にて開催された、テマヒマ展〈東北の食と住〉で展示されたお椀です。

価格

¥3,300(税込)

直径

11.8cm

高さ

6.0cm

黒内朱/朱

  商品のご購入はこちら 

 上のボタンで商品販売ページが開きます

その他のお椀